ワールドチャンピオン室屋義秀が幕張の空にもどってくる!

レッドブル・エアレース千葉2018の開催決定について、室屋義秀 選手より以下のコメントが寄せられています。

「昨シーズン多くの応援・ご支援をいただいたおかげで2017シーズンワールドチャンピオンを獲得する事ができました。チームは昨年の最終戦直後から2018年シーズンの準備を進め、更に千葉大会にむけて機体の大幅な改良を進めていく予定です。今年も母国でのレース開催が決定し、とても楽しみです。皆さまの応援を力にTeam FALKENの力を最大限発揮し、全力でレースに臨みたいと思います」



室屋選手は2016年の千葉大会でキャリア初優勝。2017年の千葉大会で二連覇して、大勢のファンを大興奮の渦に巻込み、その勢いのままついに自身初のワールドチャンピオンに輝きました。

2018年の千葉大会は、そんな室屋選手の勇姿を日本の空でもう一度見たいという、日本全国から寄せられた多くの声援を受け、開催が決定しました。

Leave a Reply