お知らせ : 好評をもちましてBエリアは完売致しました!

Red Bull Air Race World Championship2016年シーズン第三戦 千葉大会 決勝結果

室屋義秀選手が見事初優勝!


Jorg Mitter/Red Bull Content Pool


Samo Vidic/Red Bull Content Pool

強風と高波により、すべてのフライトが中止となった前日とは打って変わって、曇り空ながら穏やかな幕張の海岸で繰り広げられたレッドブル・エアレース千葉大会本戦。5万人の来場者が見守る中、マスタークラスの「ROUND OF 14」が13時過ぎにスタートした。

予選が行われなかったことで、マッチアップは現在のワールドランキングに応じたものに。ヒート1ではピーター・ポドランセック選手とカービー・チャンブリス選手が対戦。ポドランセック選手は七番目のゲートでパイロンヒットしてしまう波乱の幕開けとなり、盤石なフライトのチャンプリス選手が勝利。ヒート2では多くのファンが待ち望んだ室屋義秀選手が登場し、発煙しないトラブルに見舞われるも相手のピート・マクロードン選手がパイロンを水平に通過しなかったり、最大荷重(G)が10Gを超えるペナルティが重なりDNFとなり室屋選手の勝利となり、会場は安堵に包まれた。ヒート3ではナイジェル・ラム選手が流石の安定したフライトを見せ、オーバーGでDNFとなったとなったマイケル・グーリアン選手を退けると、ヒート4でマルティン・ソンカ選手が巧みなシケインワークで最速記録を叩き出し、ハンネス・アルヒ選手に勝利した。つづくヒート5ではマット・ホールがノーペナルティー、フランソワ・ルボットが8番目のゲートを通過する高度が適正でなくペナルティーを受け、ホール選手の勝ち抜け。ヒート6はアブダビ大会で優勝したニコラス・イワノフ選手が体調不良でまさかのDNS、ノーペナルティーでフアン・ベラルデン選手の勝利となった。最後のヒート7では現在ワールドランキング1位のマティアス・ドルダラー選手が好調をにじませる素晴らしいフライトでペトル・コプシュタイン選手を退けた。

「ROUND OF 14」の結果により、「ROUND OF 8」に進出した8人のパイロット。まずは今シーズンを最後に引退することを表明しているラム選手と「ROUND OF 14」の敗者の中で最も好タイムだったアルヒ選手が対戦。ラム選手がいぶし銀といえるテクニカルな飛行で勝利を収めた。そして、注目の室屋選手とドルダラー選手の戦いは会場が手に汗握る展開に。室屋選手が気合いがみなぎるフライトで素晴らしいタイムを叩き出すとドルダラー選手が途中までそれを上回る速さで追い上げる。しかし、オーバーGでDNFとなり、緊張が途切れた会場に大きな歓声が轟いた。チャンブリス選手の相変わらずノーペナルティーな安定のフライトに対し、ホール選手はオーバーGでDNFに。最後はヴェラルデ選手とソンカ選手が対戦。ソンカ選手が「ROUND OF 14」同様に好タイムを記録して、勝利となった。

そして、いよいよ緊張の「FINAL 4」は会場全体が室屋選手の勝利への期待で充満する中、その期待に応えるべく、これまでで最高潮のフライトを繰り広げ、1:04.992というタイムを記録。隙のないラム選手とチャンブリス選手、好調なソンカ選手を退け、室屋選手が見事初優勝を果たした。

室屋義秀選手 記者会見コメント

「ソンカ選手との0.1秒差はファンの方々の後押しで成し遂げられました。競り勝てたのは、自分の力だけじゃなくて、皆さんの力があったから。そのおかげでリラックスすることができ、リラックスすることで結果が出せたんだと思います。母国でのレースでプレッシャーも大きい中、メンタルトレーニングもして、100%の努力をし、あとは神頼みでした。その結果、チームがベストを出せた。個人としては操縦技術世界一を目指してやってきて、25年の間、届きそうで届かなかったことがようやく達成できましたね。」

ROUND OF 14 ROUND OF 8 FINAL 4
?ピーター・ポドランセック(01:11.608) ◯ナイジェル・ラム(01:05.128) 1.室屋義秀(01:04.992)
◯カービー・チャンブリス(01:06.509) ?ハンネス・アルヒ(01:06.144) 2.マルティン・ソンカ(01:05.097)
◯室屋義秀(01:06.022) ◯室屋義秀(01:04.610) 3.カービー・チャンブリス(01:05.618)
?ピート・マクロード(DNF) ?マティアス・ドルダラー(DNF) 4.ナイジェル・ラム(01:05.734)
?マイケル・グーリアン(DNF) ◯カービー・チャンブリス(01:05.352)
◯ナイジェル・ラム(01:05.552) ?マット・ホール(DNF)
◯マルティン・ソンカ(01:04.352) ?フアン・ベラルデ(01:06.143)
?ハンネス・アルヒ(01:05.356) ◯マルティン・ソンカ(01:05.144)
◯マット・ホール(01:05.029)
?フランソワ・ルボット(01:11.064)
◯フアン・ベラルデ(01:06.604)
?ニコラス・イワノフ(DNS)
?ペトル・コプシュタイン(01:06.752)
◯マティアス・ドルダラー(01:05.125)

※DNS=Did Not Start(スタートせず)、DNF=Did Not Finishi(ゴールせず)、DQ=Disqualified(失格)


Red Bull Air Race World Championship 2016ランキング

ランク パイロット 出身 総合ポイント
1 マティアス・ドルダラー ドイツ 30
2 カービー・チャンブリス アメリカ 20
3 ニコラス・イワノフ フランス 19
4 室屋義秀 日本 18
5 ハンネス・アルヒ オーストリア 17
6 ナイジェル・ラム イギリス 16
7 マルティン・ソンカ チェコ 14
8 マット・ホール オーストラリア 12
9 ピート・マクロード カナダ 11
10 フランソワ・ルボット フランス 10
11 フアン・ベラルデ スペイン 7
12 マイケル・グーリアン アメリカ 6
13 ピーター・ポドランセック スロベニア 3
14 ペトル・コプシュタイン チェコ 2